<< 香港ディズニーランドのMy Little Princessプラン | main | 香港ディズニーランドの公式ホテルを申し込む >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.06.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    北京の鼎泰豐に行ってきた

    0
      湾で有名な鼎泰豐。
      米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された
      小龍包で有名なお店です。

      数年前、台湾に行った際、
      本店は訪れる人ばかりで、激込み。
      別の支店も大盛況だったのを覚えています。

      いつしか、日本にも支店ができましたが、コストパフォーマンスを考えると、
      食べに行くのを躊躇してしまっていました。

      北京で赴任してみると、
      北京にも鼎泰豐があり、しかも住んでいるところからアクセスしやすい
      場所に2件あるので、ちょっとした中華を食べたいときに、
      訪問するようになりました。

      1件は、大望路の新光天地にある支店
      もう1件は、新源里の漁陽飯店の北側にある支店です。

      今回は、新源里のほうへ行ってきました。

      夕方17時くらいに行ったのですが、
      既に5、6組がご飯を食べていました。

      ピーク時は並ばないと入れないので、
      時間をずらしたのがOKでした。

      IMG_4180.JPG

      メニューは写真があったり、日本語が書かれていたりするので安心です。
      サービスのウーロン茶を飲みながら、注文をしましょう。

      小龍包は普通10個いりですが、半分のも注文できます。
      たくさん食べたいときでも、最初は2籠注文して、
      追加注文したほうが、熱々の小龍包を食べられます。

      そのほか、適当に、前菜、青菜、麺類などを注文。

      IMG_4172.JPG

      IMG_4171.JPG

      IMG_4170.JPG

      IMG_4169.JPG

      IMG_4174.JPG

      この日は、チャーハン、さっぱりした麺、坦々麺、青菜の炒め物、小龍包を注文しました。

      全日空のカードを見せると、デザートがサービスでつきます。
      甘さ控えめのお汁粉は、食後にちょうどいいお味です。

      サービス料10%ついて、約250元くらい。
      ちょっとした食事のときに、鼎泰豐は鉄板です。

      漁陽飯店側の鼎泰豐へいく場合、
      帰りのタクシーがなかなかつかまらない可能性があるので、ご注意を。


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.06.11 Monday
        • -
        • 18:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        アクセスランキング
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM