<< 2011年シンガポール・ビンタン島旅行雑記:その1 | main | 中国で中国国際航空の飛行機を申し込む方法・プロローグ >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.06.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    2011年シンガポール・ビンタン島旅行雑記:その2

    0
      ■タラメラ・フェリーターミナル(TMFT)からインドネシア入国まで

      タラメラ・フェリーターミナル(TMFT)に到着すると、
      正面にチケットカウンターがあります。
      向かって左側が、ビンタン島行のチケットカウンターです。

      パスポートの提示が必要ですので、乗船する全員でカウンターに
      行くことをおすすめします。

      eチケットとパスポートを見せると、ICカードの乗船券をもらえます。
      乗船券には、出航時間、行き先などが書かれていますが、
      印字が潰れているので、よくわかりません。
      ※印字が潰れていても、乗船に支障はありません。

      ICカードをもらうと、
      真ん中の荷物カウンターで、輸送荷物を預けます。
      ちなみに、1荷物20キロを超えると、
      超過料金が取られますのでご注意を(特に水などを事前に買っておく場合注意です)。
      荷物カウンターでは、代表者一人が、全員のICカードのチケットを持っていれば
      大丈夫です。

      続いて、出国審査です。問題なく手続き完了です。
      出国手続き前の雑貨屋で、水着やうきわなどが売られています。
      値段を見ていませんが、気になる人は購入した方がいいでしょう。

      フェリー待合室には、
      免税店、カフェ(軽食も可能)、トイレ、自動販売機があります。
      カフェと言っても、フードコートのような作りのカフェですし、
      免税店も、タバコ、アルコール、チョコレートなどが売っているだけの
      小ぶりのお店です。

      インドネシア入国の際、1人1リットルまで免税なので、
      330mlのタイガービール3本セットが6シンガポールドルで販売していました。
      1本2シンガポールドルですが、ビンタン島内のパッサオレオレ(ショッピングセンター)内の
      ビンタンビール1本と同じ値段です。

      船は自由席です。窓側希望の場合は、
      乗船口近くで待っていた方がいいかもしれません。
      ちなみに、乗船口から船まで300メートル近くありますので、ご注意を。

      乗船後は、思い思いに時間を過ごせばいいと思います。
      船内にも売店があり、コーヒーやちょっとした軽食が食べられます。
      日本のように、船だからめちゃくちゃ高いという値段設定では
      ありませんでした。

      船内で、入国カードの配布がありますので、忘れずに記載しましょう。
      後、係員がインドネシア入国の際の観光ビザを売りに来ます。
      シンガポールドル決算ですので、やや高めの設定のようです。
      (通常、10米ドル。この日は18シンガポールドル。)

      ちなみに、正式には観光ビザ引換券(といった感じのもの)です。
      この券とパスポートを入国審査官に渡すと、パスポートにビザを貼ってもらえます。
      観光ビザ引換券は、ビンタン島の入国審査横で購入するのが
      普通です(こちらは米ドル、シンガポールドルで購入します)

      シンガポールからビンタン島までは1時間なので、
      あっという間の到着です。

      入国審査前に、観光ビザ引換券を購入し、
      入国審査の列に並びます。

      パスポートの確認、ビザの貼付け、スタンプ押印作業がありますので、
      1人1人の審査時間が他の国より長いのでお気をつけください。
      ビンタン島入国の際は、家族まとめて審査可能でした。

      入国後、すぐ目の前にある荷物カウンターで、
      自分の荷物を受け取り、荷物チェックを受けたら、インドネシア入国です。

      基本的には、宿泊するホテルのバスの送迎があると思いますので、
      フェリーターミナル内で、
      自分がお世話になるホテルの担当者を探して、名前を告げましょう。

      バスに乗る予定の人全員が揃うまで、時間があると思いますので、
      急いでバスに乗るよりは、軽く土産物屋を冷やかしてもいいかもしれません。
      素直に、バスで待っていた私たちは、15分ほど待たされました。
      ※一応、ホテルの担当者に、土産物屋を見ていることを告げたほうがいいでしょう。

      ターミナル出口のところで、チラシを配っている人たちがいました。
      ショッピングセンター内のマッサージのお店のと、
      パッサオレオレのレストランのちらしでした。

      興味がある人は、受け取るといいと思います。





      スポンサーサイト

      0
        • 2012.06.11 Monday
        • -
        • 13:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        アクセスランキング
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM