<< 香港ディズニーランドの公式ホテルを申し込む | main | 中国国際航空の中国国内問い合わせ >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.06.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    娘、マイコプラズマにかかる

    0
      年末の旅行に行く寸前に、娘の体調が悪くなり、
      あれよこれよといううちに、旅行をキャンセルせざるを得なくなってしまいました。
      結果はマイコプラズマ肺炎だったのですが、
      それまでの経緯をまとめたいと思います。

      なお、我が家は北京に住んでいて、
      日本の医療を経験できないということもあるので、
      日本に住んでいるとまた違う結果だったのかもしれません。

      12月28日夜。
      今までも咳は出ていたんですが、聞いたことのないような
      甲高い咳が出始めました。
      娘は、お腹が痛いと訴えたのですが、
      トイレに行きたいのかどうかわからなかったので、
      この日は様子見。

      12月29日
      いつもお世話になっている病院の
      日本人医師が不在だったので、同じ病院の医師に診察を受ける。
      咳が激しいので、喘息用の薬を処方してもらう
      (娘、喘息もちではありません)

      夜になり、熱がグングンあがり、39度3分となる。
      前後して、のどが痛いと訴えていたので、扁桃腺風邪を疑い、
      一晩寝て熱が下がってから病院へ行こうと決める。

      12月30日
      明け方は熱が37度台前半まで下がるもの、
      夜には38度中間まで上昇。
      次の日から旅行予定だったので、ギリギリまで様子を見ることに

      12月31日
      朝熱を測っても下がらず、旅行キャンセル。
      病院にいこうにも、
      お世話になっている病院の日本人医師が不在だったので、
      どうしようかと考えていたが、

      日本の病院のような診察ができると評判の南のほうの病院へ
      行くことに。

      病院へ行き、
      インフルエンザの簡易検査は陰性。
      血液検査をすると肺炎の疑いが濃厚とのこと
      (肺炎を示す数値がやや高いけど、詳しくは1週間くらいかかるそう)。
      治療のため点滴と吸入を行う。

      夜は熱が37度台まで低下

      1月1日
      病院は休みなので家ですごす。
      普通の咳が頻繁に出る
      熱はほぼ平熱。

      1月2日
      再び病院へ行き、点滴と吸入を行う。
      理由は不明だが、原因不明の湿疹ができた(かゆくないらしい)ので、
      抗生物質の点滴はやめることに

      1月3日
      再度病院へ行き、レントゲンを実施。
      ※今まで、レントゲン技師不在

      確実に肺炎と診断。血液検査を行うと、
      結果は良好だったので、吸入のみとする。

      1月4日〜6日
      家でおとなしくすごす。
      咳もしなくなり、ほぼ治ったよう。

      6日に病院から電話があり、検査の結果マイコプラズマと確定

      とまあこんな感じです。

      感染してからの潜伏期間は1週間以上なので、
      何が原因だったのかまったくわからず、
      加えて、年末ということで幼稚園の発表会やクリスマスなどで、
      娘もいろいろと疲れていたのではないかと推測してます。


      今日は、いつもどおりの娘なので、
      来週以降は幼稚園にいけそうな雰囲気です。



      ちなみに、今回かかった費用は、海外医療保険に入っているので、
      保険から支払われます。
      会社によっては海外医療保険に入っていないとか
      あるかもしれませんので、ご注意ください。

      また、一般的な話ですが日本語のできる中国人医師がいるいろいろな病院に
      行きましたが、
      日本人が望むようなかゆいところに手が届く的な診察は
      あまり期待しないほうがいいです。

      自分から疑問に想うことは質問し、
      場合によっては議論するようにしないと、
      患者側も納得しないし、医師側も納得できない
      そんな雰囲気を感じました。

      そんなわけで、子供のいる駐在員母は、日本人医師を重宝しているようです。





      スポンサーサイト

      0
        • 2012.06.11 Monday
        • -
        • 22:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法
        まだ間違った治療法を続けるつもりですか? 4週間で結果を出す!!喘息(ぜんそく...
        • お役立ち情報
        • 2012/01/09 6:55 PM
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        アクセスランキング
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM