スポンサーサイト

0
    • 2012.06.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ご挨拶

    0

      アメブロが北京からアクセスできるようになったので、
      アメブロ更新を復活します。

      jugem版のブログもたまに更新しますので
      よろしくお願いします。

      アメブロ版「西からの風だより」
      http://ameblo.jp/ke1chan91/


      jugem版「西からの風だより」
      http://ke1chan91.jugem.jp




      銀行カードがATMに吸い込まれ、帰ってくるまで。

      0
        土曜日、ATMからお金を下ろすため、銀行へ行きました。
        中国のATMは、1回の操作でおろせる額が決まっており、以前は2000元まで、最近は3000元までおろせることができます。
        日系幼稚園の月謝のためにおろすのですが、1回でおろせる以上の額が必要なため、
        操作→お金を受け取る→操作→お金を受け取る・・・
        と続けておりました。
        お分かりの通り、中国のATMでは、お金を引き出すと同時にカードが出てくるのではなく、お金を受け取らなくてもよくなったときに、「カード取り出し」を押して、はじめてカードが出てくる仕組みなのです。
        したがって、
        操作→お金を受け取る→操作→お金を受け取る→カード取り出しを押す→カードを受け取る
        という流れになります。
        しかし、何度もお金を受け取るという動作をしていると、
        お金を受け取る目的を達成してしまうため、最後のカードを受け取る動作を忘れてしまう可能性があり、
        土曜日に、まんまとそのわなにはまってしまったのです。
        北京のATMでは、一定期間、ATMの操作がない場合、カードはATMの中に入ったまま、操作はキャンセルされます。
        僕の場合も、カード取り出しボタンを押さずに帰ってきたので、カードはATMの中に入ったままの状態となってしまいました。
        気づいたのが、日曜日の朝。
        急いで、ATMがある銀行へ出向き、状況を伝えたところ、
        「明日の10時ころに、専任の担当者がATMを開いて、カードの確認をするから、明日来てください。そのとき、パスポートを忘れないでね」
        と、教えてくれました。
        そして、月曜日。銀行へ行き、事情を説明すると、奥のほうから、銀行カードを持ってきて、
        「これですか?」
        と、確認がありました。
        その後、パスポートのコピーをとられ、台帳にサインをして手続きは完了。銀行カードが無事に戻ってきました。
        結果として、「大変だったねー」という感じで、手続きは終わったのですが、
        銀行カードが1枚しか持っておらず、手持ちの現金も小額な場合、ATMにカードが吸い込まれると、生活が極端に苦しくなります。(普通は、デビットカードを使っていても、そのカードがなくなるので)
        ですから、カードを吸い込まれないように、
        最後に、「カードを取り出す」ボタンを押すのを忘れないようにしてください。












        好麦道(ほっともっと)女人街店がオープン?

        0
          4.JPG
          ひさしぶりに、北京のほっともっと(好麦道)にアクセスしたら、2月に女人街店がオープンという案内がありました。
          詳しい住所は書かれていませんでしたが、女人街が、亮馬橋路近くの女人街であれば、多くの日本人に嬉しい知らせですね。
          このあたり、弁当を販売したり宅配したりする店は多くありますが、日本のほか亭品質の弁当という需要には微妙に合っていないのです。(高級すぎるか、日本食?レベルのクオリティかにかたよってます)




          ANAの国内線の割引運賃が発表されました

          0
            ANAの国内線の割引運賃が発表されました。
            https://www.ana.co.jp/pr/12-0103/index11a-155.html


            旅割55というのが新設され、出発55日前までに航空券を予約するとお得な運賃で乗車できるとのことです。
            ほかに、旅割45、旅割28とありますが、それぞれの料金を比較すると、やはり、早く申し込みをする旅割55が一番安い値段設定となっています。
            一度発券したら名義変更、搭乗便変更ができない点やマイレージは75%加算、払い戻しは運賃の半額+420円必要という条件はどの旅割でも共通のようです。
            全日空の予約は基本的に2ヶ月前から受け付けるので、旅割55の場合は予約開始から55日前までの5日ほどで予約しないといけないのですね。
            ちなみに、2012年3月25日から6月30日までの航空券は2012年1月25日(ANAクレジットカード保有者などはもう少し前)から予約可能です。





            中国のバーガーキング

            0
              IMG_4433.JPG
              中国のバーガーキングで、てんぷらバーガーなるものが新発売です。
              挑戦しようと想いましたけど、無理でした(汗)



              北京起点のマイレージチャート(中国国際航空搭乗時)

              0
                中国に住んでいて、スターアライアンスのマイルやポイントを貯めようとすると、深セン航空か中国国際航空に搭乗しなければなりません。
                しかし、路線別のマイレージチャートが掲載されていないので、自分で搭乗した路線だけまとめてみました。
                中国国際航空に乗って、マイレージはANAへ加算していますので、違うパターンの場合は、少し違うかもしれません。気をつけてください。

                中国国際航空に乗った際のANAのマイレージチャート
                北京→大連 275マイル北京→上海 676マイル北京→香港 1338マイル北京→シンガポール 2790マイル
                国内線ブッキングクラスがYとWクラスの場合、100%マイレージ加算および、プラチナポイント400ポイント加算

                ※大連便ですが、600キロ以上あるのに275マイルしか 加算されません・・・(涙)

                中国国際航空の中国国内問い合わせ

                0
                  海外で航空券を購入や、変更手続きをする場合、最近ではインターネットを利用すればOKとなりましたが、
                  例えば、突然の予定変更や、ネットで対応出来ないサービスをお願いする時は、直接航空会社に連絡しなければなりません。
                  中国国際航空へ連絡する場合、問い合わせ電話番号95583という5桁の電話番号がありますが、今までは中国語と英語だけでした。
                  ところが、最近になって、時間、曜日限定ながらも日本語で対応してくれるようになったのです。
                  95583に電話して、4番を押すだけ。すぐに日本語を話すスタッフが電話に出てくれます。
                  搭乗時間変更のために電話をしましたが、日本語で対応してくれるので安心ですね。しかも、丁寧な対応をしてくれます。



                  北京でクリスマスツリーの装飾をしてみました

                  0
                    クリスマスシーズンになると、度派手なツリーにたくさんの装飾品が飾られる
                    北京のクリスマス業界(?)ですが、
                    おうちでもその傾向は変わらないようです。

                    特に駐在員たちは、
                    「せっかく海外にいるんだから、クリスマスも海外のように家に大きなツリーを飾って・・・」
                    と言う発想になるらしく、
                    あちこちの家でクリスマスツリーの装飾に力を入れています。

                    うちも、せっかくだからやってみようかということで、
                    早速、近所にある亮馬橋花市場へ行き、ツリーおよび装飾品を
                    購入することにしました。

                    亮馬橋花市場は1階は文字通り、生花を売る市場ですが、
                    2階は食器や雑貨などを売るお店が並んでいます。
                    そして、このシーズンはほとんどすべてのお店で、クリスマス関連の
                    商品を販売しています。

                    そんなに需要があるんだろうか?というくらい、
                    さまざまな品物があるんです。

                    で、お店を物色して作ったツリーが下の写真です。

                    自分たちで準備をすると、ワクワク度も増しますね。

                    後は、ツリーのしたに飾る、本物のプレゼントをゲットしなければ・・・

                    DSC00202.JPG

                    2011年の初雪は12月2日

                    0
                      IMG_4125.JPG

                      12月2日の朝、外を見るとうっすらと雪がつもっていました。
                      ここ最近、厳しい寒さだった北京。
                      雪が降るのも時間の問題でしたが、やっと降った感じです。

                      ラッシュ時間に強めの雪が降りましたが、幸い積もるまでいたらず、
                      ほっとしました。

                      昨年度は100日以上も雪が降らず、
                      史上最遅の初雪でしたが、

                      今年は割りと早めに降ったようです。


                      オーダースーツのお店、メンズサトリア(MEN'S SATORIA)さんへ行ってきた。その2

                      0
                        双井橋北のバス停から、およそ10分。
                        ようやく、MEN'S SATORIAさんに到着です。

                        IMG_4007.JPG


                        お店には、日本語がぺらぺらな女性の店員さんがいらして、
                        オーダースーツを注文したい旨を伝えると、
                        生地のサンプルを用意してくれます。

                        2500元の生地のサンプルと
                        それ以上の値段の生地のサンプルをみせてくれますが、

                        2500元の生地のサンプルはポリエステルと羊毛の生地で、
                        それ以上の値段の生地は羊毛がメインの生地だそうです。

                        確かに、それぞれの生地を触ってみると、肌触りが違います。

                        ポリエステルが混ざった生地は、汗がかきやすい夏に合っていて、
                        羊毛メインの生地は、寒い季節に合うそうです。

                        なるほど!

                        初めてオーダーする場合は、
                        どんな風に出来上がるか、わからないので、
                        2500元の生地を使って仕立てたほうがいいのではないですか?

                        と、提案をいただきました。

                        この辺、消費者の心をうまく理解しています。

                        いくつか、サンプルを選びながら、
                        店員さんのスーツ話に耳を傾けていました。

                        似合いそうな生地の提案もしてくれますが、
                        決して高い生地を売ろうという気持ちはなく、好感が持てます。

                        ちなみに、生地を選ぶ時は、
                        お店にあるお茶台の前に座っているのです。
                        店員さんが淹れてくれたお茶を飲みながら選べるというのも
                        うれしいサービスですよね。

                        生地が決まれば、採寸です。

                        スーツのボタンやスラックスの裾の仕上がりなど、
                        いくつかの項目を質問されます。

                        ここでも、最近の流行やお客の体系を判断した提案をしてくれますので、
                        安心です。

                        その後、巻尺を使って、体の隅々まで計ります。

                        ゆったり目がいいとか、スリムな感じがいいなど、
                        細かい注文にも応えてくれるのが、オーダーのいいところですね。

                        たとえば、胸の部分はゆったりで脚はスリムに見えるようになど
                        リクエストが可能です。

                        ここまでで、だいたい1時間半から2時間くらいかかります。

                        スペアパンツは、価格の35%で作ってもらえるとのこと。
                        たとえば、スラックスのタックは入れないけど、
                        スペアパンツはタックを入れるなどもできるそうです。

                        仕上がりまでおよそ2週間〜3週間かかるので、
                        ちょっと旅行でというのは難しいかもしれませんが、

                        北京に住んでいる人であれば、ちょっとしたときに注文できていいですよね。

                        中には、一度に10着ほど注文したつわものもいるとか。

                        基本的に体型が変わらなければ、次に注文する際は
                        微調整でOKとのこと。たとえば、裾を1センチ短くするとかウエストを少し緩めるとか。
                        まったく調整が不要であれば、電話で注文もできるみたいです。

                        僕は体格的にスラックスをすぐためにしてしまうので、
                        オーダーメイドであれば、生地が生産中止にならない限り、
                        スラックスだけを複製できるので、ありがたいですね。

                        お会計は現金を希望していました。
                        前払い、後払い、どちらでも可能のようです。

                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        アクセスランキング
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM